めがね・メガネは視力の落ちてきた人にとっては、欠かすことのできない必需品!めがね以外にコンタクトレンズ。人によっては使い分けも、また相性もある。?・・・
眼が見えにくいということは日常生活においてとてもストレスになります。そんなストレスから開放してくれるのがおしゃれめがねやファッションめがね「めがね」は生活になくてはならない必需品です。






スポンサードリンク

「レーシック手術最前線とレーシック」とは?・・・

今でこそめがねをするのは伊達でおしゃれでファッションめがねをつける人が増えていますが、本来眼の悪い人にとっては、・・・
しかも眼が悪いといってもいろいろな眼の病気があるのです。
そんな目の治療に今はとても先端技術が登場しているのです。
それがここで紹介する、「レーシック」治療の方法なのです。
top_lasik2.jpg
レーシック 手術最前線とは?・・・
これまでのめがね&メガネやコンタクトレンズに代わる第3の近視矯正・視力回復の方法として、全世界で行われている「レーシック(LASIK)」。
レーシック(LASIK)とは、マイクロケラトームによる角膜表層切開と、エキシマレーザーによる屈折修正を組み合わせた、最新の近視矯正手術です。1963年に開発されたケラトミレイシスがALKを経て、PRKと組み合わさり完成しました。
手術の流れは簡単に説明するとマイクロケラトームという器具で角膜の表面を薄く削ってめくり(フラップ)、その下の角膜にエキシマレーザーを照射して屈折率を修正、そして再びフラップを元に戻すという手術です。
レーシック(LASIK)は、ギリシャ語の「LASER-assisted In- situ Kerato(角膜)・mileusis(修正する)」の頭文字から名づけられました。
レーシックは、痛みもほとんどない上に手術時間は両眼で約10〜20分程度と短く、視力の回復も早いため、メガネやコンタクトに代わる“第3の選択肢”として、現在世界で最もポピュラーなレーザー視力矯正法となりました。
レーシックって何だろう?
レーシック(LASIK)は、エキシマレーザーと呼ばれる最新の医療機器を使用して、角膜の形状を変化させ屈折率を修正することで、近視矯正・視力回復を行う手術方法です。
レーシックは、手術自体が約10〜20分程度で終了し、痛みもほとんどありません。
2000年1月には、厚生省(現:厚生労働省)が近視矯正手術としてエキシマレーザーの製造・販売を認可しており、 その安全性が確認されています。


【めがね&メガネ】おしゃれにファッションにわくわくめがね生活!

posted by osyaremegane at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(1) | レーシックとは?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。